本文へジャンプ

 

 
 当宮は創建されてから千三百年以上の歴史をもつ古社です。
そして現在のTNCのテレビ塔一帯=宮の尾の高いところから今の場所に遷られて四百年になります。(地元以外の方には解りにくいですね。どうぞ一度お参り下さい) 
 これを記念いたしまして、御造営事業を計画。全体の計画を立て老朽化した危険な建物から行う予定を立てました。
 本殿が一番傷みが少なく最後に着手すべく計画しておりましたが、かしこくも御神霊のお知らせがありまして、本殿内の重要部分に損傷があり、そこから先ず手をつけることと致しました。 
 お陰様で祈祷殿・社務所が竣工いたしました。石灯籠を一部設置いたしました。その後境内の配置計画に準じ拝殿と本殿がめでたく竣工いたしました。現在境内整備等に着手しております。
 神社の伝統護持と日本文化の継承に皆様のご理解と温かいご支援をお願い致します。ご寄付は御社頭にて受付をしております。(詳細は次のページにあります)
 
次へ